« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004/07/31

夏野菜ポテルカ・ピザ味

ブルボン、夏野菜ポテルカピザ味。サンクスにて採取。

私ポテルカって好きなんですよ。
ややきつめの塩味、そしてチップスターより遙かに安い価格。
なにげに定番おやつのひとつです。

そのピザ味とはどんなものか。

ポテトは色とりどりのチップが埋まっていていかにも野菜を練り混みましたといった感じ。
食べてみると口の中に広がるピザの味。うむ、良い感じ。

・・・しかしちょっと味が薄い、というかさっぱりしすぎかなー。
チーズの味が薄かったり、トマトソース味が薄かったりと。

ピザポテトで慣れた口にはちょっとこってり感が足りなかったようで。


yasaipotepizza.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/29

匠味(チーズ)

モスバーガー・ニッポンのバーガー『匠味』チーズ。
西武池袋線入間市駅前のモスバーガーにて採取。

さて、ハンバーガー如き(失礼)に670円払ったわけですが・・・。
どうなんでしょこれ。
パンから具の材料まで全て一般のハンバーガーとは違うらしいんですが。

食べてみるとまず口に入ってくる炒めタマネギの味。
香ばしいソースとよくあうトマト。
そしてまるでハンバーグ専門店で食べているようなハンバーグの味。

さすがにこの高い評判は伊達ではないですなー。
なんかびっくりドンキーのメニューにありそう。

結果としてやはりパンの食べにくさからは逃れることは出来なかったのですが、普通に皿にバラして食べても全然違和感のない良い具の出来でした。
とにかく炒めタマネギが美味いです。

ちなみにチーズは味が完璧にソースに消されていたので、入れる必要は全くないと思います。

しかしこの値段は相当リッチな時でないと・・・。
リピートしたいのはやまやまなんですが・・・。
高級志向、と言うよりは贅沢品ですな、これは。

あ、そうそう。
値段が値段だけあって、バーガーは他のバーガーに比べて大きくて、非常に食べ甲斐がありましたよ。


mosstakumi.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

抹茶とカルピス

抹茶とカルピス。ミニストップにて採取。

抹茶カルピス、ではなくて抹茶『と』カルピスなんですね。
正直カルピスの混ぜモノ系はろくなのが無いような気がするんですが、これはどうなんでしょうか。

飲んでみる。

これは・・・(汗)。
ただ混ぜただけ感が否めないんですが。
口の中でカルピスの味と抹茶の味が完璧に分離します。
しかも酸っぱいカルピスの味と苦い抹茶の後味がそれぞれ。

これは猛毒だ。

酸っぱくて渋くて甘みが少なくて後味悪くて最早犯罪級の味。
簡単に言うと『飲む犯罪』といったところか。

後味のイメージは雑巾の絞り汁、だぞ。
美味い、と言える人はいるのだろうか、これは。
よく企画で通ったなあ、こんなん。


maccyacalpis.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/07/28

シークワーサースカッシュ

チェリオ・シークワーサースカッシュ。ミニストップにて採取。
沖縄原生柑橘・シークワーサーの果汁を使った炭酸飲料です。

飲んでみると・・・なんでしょうかこれは。
柑橘類の味で例えてみると・・・ゆずですか。近いのは。

特筆すべき点はほとんどない無難な飲料水です。
チェリオらしくない、比較的イロモノ感の少ないジュースでした。


sqscash.jpg

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/07/25

ジンギスカン風味ポテトチップス

「株式会社マツオ」製・ジンギスカン風味ポテトチップス。
北海道限定とは書いてあるのですが、何故か我が家の近くのサンクス(埼玉)にて採取。

ちなみに私はジンギスカンというモノを体験したことがありません。
というより今までの人生で北海道自体に(略

袋を開けてみると、中には小さなサイズのポテトがぎっしり。
ポテトの大きさ的にはコイケヤやカルビーの1/3くらいのサイズ。
いかにも地元の畑で採れましたという感じのポテトを使っています。不自然に巨大なサイズのポテトとかが無いので、個人的には自然な感じで好感触。

味としては焼き肉系。ジンギスカン自体が焼き肉ですが。
でも、くどくないイイ感じのタレ風味。

ネット通販とかでも手に入るモノのようです。
なにげに最近のポテトチップの中でも結構いける味です。
おすすめ。


jingisukanchips.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/23

かっぱえびせん・塩にんにく味

かっぱえびせん・塩にんにく味。サンクスにて採取。

袋を開けるとむわーーーっとくるにんにく臭。
これは・・・翌日仕事な晩に食べていい物なんだろうか・・・。

まあ袋をあけた以上一口。
あ、結構にんにく味濃いかもコレ。
ベースは普通のかっぱえびせんなんですが、かなりきつめのガーリックの味が直後に口の中に広がります。ちょっとガーリックの味がきつすぎてくどいくらい。
ハートチップルと比べても遜色のないガーリック味のきつさです。

ガーリックが翌日に残るかどうかは微妙なところ。
最近は臭いのしないニンニク菓子がほとんどなんですけどね。
ただ、かなり味はきついですし、ガーリックが舌に残ります。
もうちょっとかっぱえびせんの味が残っていればなあ・・・。


ebisenninniku.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プリングルス・GREEK FETA

プリングルス・GREEK FETA。フェタチーズ味。
サンクスにて採取。期間限定商品です。
(写真がwebになく、カメラが現在PC雪崩で行方不明な為画像無し)


『ギリシャの有名なフェタチーズの味をイメージしました』とのこと。
食べてみるとそこそこチーズの味がします。ベースの味は完璧にサワーオニオン味ですが。というか食べているうちにサワーオニオンとの味の違いが解らなくなってくるほどに・・・。

サワーオニオン味が好きな方にはおすすめ。
しかし、サワーオニオン味そっくりというのしか特徴がないってのも難だなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/22

ダイエットドクターペッパー

ダイエットドクターペッパー(Diet DrPepper)。
東京都瑞穂町の『ザ・モール』内の雑貨屋『VILLAGE VANGUARD』にて採取。
これも国内では製造されておらず、輸入品の多いお店でないと入手は困難でしょう。

さて、ドクターペッパー自体が『毒ターペッパー』などと言われる有名な毒物・・・というか飲み手の嗜好によって好きか毒かとはっきり2分される飲料。
それのダイエット版とはどのようなものか。

しかしさすが肥満帝国のメリケン人の元では炭酸飲料はとことんダイエット化される傾向がありますな・・・。

飲んでみる。
脳内に浮かんだ計算式。

ドクターペッパー+炭酸水-甘さ=ダイエットペッパー

もうなんかやる気ないでしょコレ。
今まで飲んだダイエットコーラ系の中でも究極の『そのまんま薄めただけ』商品だなあこれは。そもそもごってりしたあのドクターペッパーの毒素(誉め言葉)を薄めてどうするってんだか。

ドクターペッパーのファンの方にも見限られそうな素敵な出来の飲料に仕上がっております。
ファンの方は是非採取を。そして一緒に怒りましょう。


dietpepper.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/07/20

コアラのマーチ・ココナッツミルク

コアラのマーチ・期間限定ココナッツミルク味。
近所のサンクスにて採取。

パッケージでは味や特徴について一切触れていません。
というわけで他の商品とどう差別化されたかは、食べてみないと解りません。

食べてみて気になった点としては『ココナッツ味すっげぇ薄いなー』ということ。
ココナッツ味は隠し味程度にしか感じません。ほぼ練乳(ミルク)風味といったところ。ベタな甘さでココナッツ味のほとんどが消されているような気がします。

まあ、ミルク味としてはそこそこの出来かなー、といったあたり。
『ココナッツ』という単語に魅力を感じて買うと裏切られます。


coaracoco.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/19

メロロンパ!

Pasco・メロロンパ!~でっかーいメロンパン~。サンクスにて採取。
他にもメロンパ!、メメロンパ!とシリーズになったメロンパンです。

さて、大きいのがウリというこのメロンパン。確かに他のメロンパンの1.5~2倍のサイズがある食べ応え満点のメロンパンです。
これ1個で普通の人はゴハン一食分くらいの満腹感は得られそう。

ただ。
なんてーか。
パンの上のビスケット生地少なすぎやしませんかコレ。

普通のメロンパンはカリカリのビスケット生地が厚く乗っていて、その生地の優劣でメロンパン自体の評価が決まると思うんですが、このメロンパンはビス生地がうすーーく塗ってあるだけという結構お粗末なメロンパン。
ビス生地が薄すぎて、パン本体が見える部分がちらほらと。


大きくしたんだからビス生地は減らさないと採算がとれない、というPasco側のコスト削減という言葉を想像してしまうような寂しいビスケット生地の量。
どこのパン屋でもメロンパンには力を入れている今、お粗末としか言いようのない出来がちょっと残念です。


meroron.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004/07/18

きのこの山・つぶつぶいちご

きのこの山・期間限定れん乳風味のつぶつぶいちご味。

1週間ちょい前に採取したものなんですが、Meijiのサイト上ではその存在が抹殺されております。販売期間が終了してしまったということでしょうか。
サイトで写真が無く、自分で写真も撮ってなかったので今回は画像無しで。
7/22追記・ITAXさんに画像を頂きました。ありがとうございます。

チョコレート部分は上半分がいちごチョコ、下半分は練乳といった具合。
いちご風味も練乳風味も強いので、いちごミルク好きな人にはたまらない味なはずです。

で、ホントに発売終わっちゃったのかな・・・。
個人的にかなりツボだったんですが。


kinokoichigo.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/17

カリンチョ

森永・カリンチョ。セブンイレブンにて採取。

1976年に発売されたお菓子の復刻版だそうです。
プレッツェルにチョコレートをかけたシンプルなお菓子で、昔っぽいといえば昔っぽい感じではあるのですが、あんまり似たようなお菓子は(駄菓子系以外)見ないですね。

味はプリッツの外側にチョコレートをかけたという誰でも想像できそうな味。でも、類似品を見ない分新鮮な感じ。
チョコレート菓子の好きな方におすすめ。

しかし1976年だと28年前ですか。
もっと前に復刻されても良かったような感じです。


karincyo.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/16

堅あげポテト・うすしお味

カルビー・堅あげポテトうすしお味。サンクスにて採取。

堅く・・・半端でないほど堅く仕上がったポテトチップに塩をぱらりとかけた味。独特の食感が大人気な一品です。
以前に『カルビーは味も歯ごたえも・・・』と書きましたが、さすがにコンセプトが違う関係で歯ごたえ良し、あっさり塩味良し!の素晴らしい出来になっています。

パリパリ、という表現よりもボリボリという表現の似合う食感は、他のどのお菓子にも似ていなく、オリジナリティ溢れる食感です。
うすしおとは書いてありますが、そこそこ塩味は濃いめで、ポテトの素材の味とぴったり合っていて美味しいです。

ただ、問題が一つ。
ポテトが堅すぎる為、中途半端に噛み損なうと口の中を切る可能性が大だということ。しっかり噛み砕かないと危険です。

ここまで口内炎のできやすいお菓子を私は見たことがありません。
その点も含めてインパクトの強いお菓子です。


kataagepotato.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/15

クリームソーダオ・レ

森永・クリームソーダオ・レ。製造元は横浜乳業。
サンクスにて採取。

パッケージの写真はモロにクリームソーダ。
ただし箱にはがっちりと『本品にはクリームと炭酸は入っていません』との表記。更に、クリームソーダ『オ・レ』ってどーゆーことなんでしょう。
パッケージを眺めるだけでつっこみどころの多い商品です。

さて、コップに移してみると、いかにも安物の乳製品パックといった感じの薄いミルク色に薄いメロン水色。あんまり美味くなさそうな見た目です。

飲んでみると、そこそこクリームソーダの味は再現できていることに気付きます。メロンシロップの味はきちんとします。そして『オ・レ』であるべきなミルク味。かなりなベタ甘飲料ですけどまあそこそこな出来の気がします。

大の大人が買う味じゃあないですが、パッケージには『なつかしのクリームソーダ味』と書いてあるので、消費者のターゲット層は大人なのでしょう。

話のネタ程度にどうぞ。


creamore.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/12

微発泡サプリ

キリンビバレッジ・微発泡Supli。

見た目はサイダーみたいで美味しそう。
サプリメント系ということはスポーツドリンクっぽい味がするのでしょう。

飲んでみてその期待は怒りへと変わりました。
なんじゃこのただの炭酸水は。

いやもうなんすかこれは。甘みもなければサプリメント水みたいなほのかな香りもない。
子供の頃興味本位で親のカクテルを割る為の炭酸水に手を着けた時のことを思い出しました。アレと全く変わらない味です。つか不味すぎにも限度ってものが。

爽やかさを期待して飲んだ私には最悪評価。黄金級の毒物飲料だと思います。
これのリピーターになる人ってのは炭酸水を生で飲める人くらいか。


bihapou.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/07/11

ポテトチップス『京風こんぶだし』味

カルビーポテトチップス・京風こんぶだし味。
近所のスーパーにて採取。コンビニには出荷していないとのこと。

京風こんぶだしってどんな味なんだろうとまず一口。

・・・普通の醤油っぽい味だなあ。

ポテトチップスでそんな繊細な味なんぞは期待していませんでしたが、あまりにも普通の醤油系な味に仕上がってしまっていて残念な感じでした。
カルビーの限定ポテト系って、どれ食べても昔のなにかと似たような味がするのであまり食指が進みません。
特に『コンソメWパンチ』は最悪だったな。

京風こんぶだしは元味のベースがなにだか解らなかったので買ったのですが、結局は普通の醤油系でした。

そもそもポテトチップス本体としても、パリパリ感とか味付けとか全てに置いてカルビーはコイケヤに負けているような気がするのは私だけでしょうか。
まあ、私にとってカルビーとはかっぱえびせんの会社なのですが。


konbupotato.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/09

歯痛

こんなBlogやっておいてアレですが、現在の私はこんな状態。
ある意味本気で体を張ってBlog更新してると思う今日この頃。

・・・んー、今夜寝れないかも(汗)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たけのこの里・抹茶味

たけのこの里・抹茶味。サンクスにて採取。

きのこの山ティラミス同様、人気投票第2位の味。
パッケージを開けるといきなり『おいしいよ!』という文字が出てくるわけですが、実際抹茶味は甘すぎもせず渋すぎもないちょうど良い感じ。
ティラミス同様素晴らしい出来だと思います。
中身の見た目が結構ドぎつめの緑なのがちょっと怖いですが。


そういえば去年ロッテリアは『飲んでみたいシェーキ』の人気投票をやり、その人気投票の結果を完全に無視した12位のキムチシェーキを3位のチーズケーキシェーキ+それ以下の上位を全て差し置いて発売するといった暴挙に出て物議を醸しまして(しかもニンニク臭い最悪の味だったらしい)、アレを見てさすが韓国系の企業だと改めて思ったりしました。

というわけで、消費者を裏切らない明治に乾杯。


takenokotya.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/08

きのこの山・ティラミス味

きのこの山・ティラミス味。近所のサンクスにて採取。

2003年8月に実施した食べたい味人気投票の第一位なんだそうです。まあ確かにきのこの山にティラミスは合いそうな感じです。

食べてみると想像通りの味、というか普通に美味しい仕上がり。
以前北海道限定チーズケーキ味も食べて良い感じでしたが、これもクリームチーズ味がベースでそれにココア味が乗っかっている形。

誰でも想像出来そうな味、と言ってしまえばそれまでですが、その想像している味すらきちんと再現できない失敗作のようなスナック菓子がほとんどな中、これはとても良くできていると思います。

期間限定などと言わず是非定番で出して欲しい出来です。


kinokotera.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/06

博多長浜ラーメン・よかと

西武池袋線・狭山ヶ丘駅から徒歩3分弱。
所沢自動車学校の道路反対側にあるお店

ベースはとんこつ。かなり濃いめです。
茶色っぽく濁ったスープはとても香ばしい香りがありコクが強いです。
麺は細麺で堅め。普通のスピードで食べているぶんには麺が伸びないので良い感じの麺です。


と、さらっと書いたんですが、こってりとんこつ系の好きな私はかなりツボにはまりまして。
スープにとんこつ臭さは無く、独特の香ばしさが良いです。
替え玉もできますが、あえてここでごはんを注文してブッ込み、雑炊風にして食べると美味しいです。

実はこの店、私の通勤ルートから道路一本ずれただけの(個人的に)いいロケーションにあったりします。夜は22時とやや早めに閉まってしまうのが難ですが、結構おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/05

ビールにビーノ

東ハト・ビールにビーノ『焙煎七味マヨネーズ』味。
ミニストップにて採取。

七味マヨネーズ味ということなんですが、感じる味で一番強いのは山椒の刺激。そしてマヨネーズ。辛みは少ないですが、後味に少しだけ唐辛子味が残ります。

確かにビール向け・・・というか少なくてもジュースで食べるお菓子の味じゃないですね。でもビールに合うかというと、マヨネーズ味がベースなのでこれは人によっては微妙なはず。

山椒の味がかなり強いので、山椒が苦手な人には危険かも。
制作サイドの意図としては違うのでしょうが、結果として比較的イロモノ系な位置に属するお菓子になっていると思います。


beenobeer.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

金欠

ヒロシです。

給料日まであと10日あるのに残金が1万円切ったとです。


ヒロシです。

引き落としと歯医者の治療費引いたら実質5千円も残らなかとです。


ヒロシです。

お徳用パックの方が特だと解っていても手が出なかとです。


ヒロシです・・・ヒロシです・・・ヒロシです・・・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/07/04

さやえんどう豆カレー味

カルビー・さやえんどう夏季限定豆カレー味。
サンクスにて採取。

最初見たときには絶対長続きしないだろうなーと思ったさやえんどうですが、なにげに定番菓子になっています。
しっかり豆の味がするところがウケたんでしょうな。

で、その豆の味がきちんとするのがウリのこのお菓子なのですが、想像通りというかなんというかカレー味なんていうアクの強い味付けをしてしまったがために豆の味はほぼ消されてしまっています。
残ったのは妙に歯にくっつくさやえんどうの食感のみ。

カレーなので安定した味ではあるのですが、さやえんどうという菓子で商品化する意味は全くないと思ったりします。


sayaendoucurry.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004/07/03

チェリーコーク

チェリーコーク(輸入盤)。
東京都瑞穂町の『モールみずほ』内の雑貨屋『VILLAGE VANGUARD』にて採取。

今現在チェリーコークは国内では製造されていないですし、今までのチェリーコーク自体の評判から言っても国内で再生産されることなどは今後もなさそうです。

ドクターペッパーを受け付けない人には間違いなくアウトな味。
ほぼドクターペッパーのベースになっているチェリーコークには、あの薬品臭さの元であるチェリー味がたっぷり。

もともとこのフレーバーについていけなかった人が多かった日本ではあっという間に市場から消滅。
その後、チェリーコークをベースにしたドクターペッパーが何故か日本でコアなファンに愛されてロングセラーを続けています。

個人的にはドクターペッパーよりもチェリーコークの方が薬品臭さが少なくて良い感じだと思うのですが、今や輸入品を多く扱うお店でないと手に入らないのがきついところ。

私はドクターペッパーを普通に飲める人間なのですが、ドクターペッパーはちょっと重すぎる感じがあるため、それよりもちょっとライトテイストなチェリーコークが好きだったりします。


cherrycoke.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/07/02

サッポロポテト『シーフードバーベQ』味

カルビー・サッポロポテト『シーフードバーベQ』味。
近所のサンクスにて採取。

『サッポロポテト シーフードバーベQは、「バーベQあじ」の濃い目の味付けはそのままに、海の香りが漂うホタテの旨みをプラスしたおいしさです』(メーカーHPより)


おー、こりゃうまい。
何が美味いって、通常のバーベQ味と全く味が変わらないところが。

ほんのちょっぴりだけホタテの味が感じられるような感じられないような・・・というくらいの違いで、ベースの味は全くと言っていいほど変わっていません。
ここまで味の変わらない期間限定品ってのはすごいかも。

同じモノをぱかぱかと食べ続けているとだんだん一部の味が麻痺して(慣れてきて)感じなくなってくるものなのですが、このお菓子の場合まっさきにホタテの風味が感じなくなる所がポイント。

まあ、ベースがベースなので美味しいんですけどね。


sapporopotatosee.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/01

1才からのかっぱえびせん

本日赤ちゃんプレイの日。

------------

カルビー『1才からのかっぱえびせん』。イオンにて採ちゅ。
塩分1/2カット。カルシウムたっぷり。原材料はでん粉、えび、小麦粉、砂糖、食塩のみとのことでちゅ。

早速食べるでちゅ。
なんてーか味のほとんど付いてない、味付け前のかっぱえびせんみたいでちゅ。原材料名に食塩と書いてあるんでちゅが、ほとんど塩の味はしないでちゅ。
純粋に素材の味がするでちゅ。

30オヤジの味覚としてはあまりにも塩気がないので食塩を振りかけてみたんでちゅが全くえびせんにはなじまず、振りかけた食塩が全部袋の底に残ってしまい味に関してはどうしようもなかったでちゅ。

でも食塩と一緒に食べたらそれはそれで美味しかったでちゅ。

------------

というわけで、食塩なめながら食べてたら結構いける味でした。

小袋1袋あたり38キロカロリーと袋菓子にしては驚異的な低カロリーなので、塩をなめなめ食べるというのはこれはこれでアリかも知れません。

kappaebi1.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »