« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/27

カゴメトマトジュース・味わいしぼり

カゴメトマトジュース『味わいしぼり』。
近所のディスカウント酒屋にて採取。

数量限定ということですが、カゴメのホームページからは既に情報が消えており、生産完了品ということなんでしょう。
実際普通のトマトジュースより50円以上安く入手しましたし。

果肉や繊維質をたっぷり含み、しっかりとしたのどごしと完熟トマトの味わいを最大限引き出したトマトジュース、とのことです。

実際飲んでみるとかなりの違いがあります。
あらしぼりの名に恥じぬざらざらとした舌触り。
イメージ的にはオカンが作った自作野菜ジュースの感覚というか、とりあえずトマトをそのままミキサーにかけて、こさずにコップに注いだ、という感じ。

食塩無添加なんですが、このざらざらさと塩味の無さがわし的には抵抗があり、なんとなく古くなったトマトを潰したモノを飲んでいるような錯覚になります。
食塩を足してもなんとなく普通のトマトジュースとは違った不快感があり、わし的にはイマイチな感じでありました。

普通のトマトジュース大好きなわしにとってはちょい期待はずれ。
粒状感が舌に残るので、好きな人にはたまらんかもしれませんが。


ajiwaishibori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/21

情報漏洩

いきなりですが。

システム管理のお仕事をしているわしに言わせると
『会社のPCでWinnyやってんじゃねー!』
といった感じ。

やってる人いるんですよね、マジで。
見つけ次第止めさせてはいるんですが、出張先でPC据え置きにしてる人なんかは監視のしようがないんで個人のモラルを信じるしかないんですが。

最近はWinnyで流れるいろんなファイルにAntiny(通称キンタマ)が仕込まれているらしいですので、情報漏らしたくなかったら会社のPCでファイル交換ソフト使うのは勘弁して欲しいところです。

まあ、わしは外注の人間なんで直属社員が情報漏らそうが特に被害は無い立場なんですけどね。
システム管理的な立場からよく警告は出しています。

ちなみにこの手のウイルス、一応Microsoftのほうでも駆除ツールは配布しています。
悪意のあるソフトウェアの削除ツール

まあ、これでキンタマなんぞ検出された日にゃ夜も眠れなくなりそうな気はしますがw

******

話は変わって。

先日ウチのシステム部内で忘年会が開かれました。
アキバのメイド喫茶で(死

別にヲタの多い部ではないんですが(ウチの部のヲタは『三次元に興味が無い』ためメイドコスなど眼中に無い重傷者ばかり)、女性陣と上司連中が妙にノリノリで企画を始めてしまい(全員メイド喫茶未経験)気づいたら日程も決まって予約まで入れられておりました。

ま、それはともかく。

忘年会当日。
昼飯時、他所の部署の人がウチの部に来て一言。

『君たち今日メイド喫茶で忘年会するんだって?』

開催時間に秋葉原の電気街改札口でみんな待ち合わせ。
そこに何故か混ざりにきた、話をした記憶の無いリース会社の女性達。(ほぼみんな初対面)

『今日システムの人達がメイド喫茶行くって聞いたから来ちゃった~』


・・・情報漏洩とは恐ろしい。

つか漏らしたの誰だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/15

WX310SA

三洋のAIR-EDGE端末。通称洋ぽん。
WILLCOMユーザーのわしとしては超久々の機種変更。

それまでわしはPanaの古い奴を使っていたんですが、最近電波は立っているのに電話が繋がらなかったりメールが遅延したりとアンテナの具合がイマイチだったため、機種変と相成りました。

WILLCOM端末としてはカメラが130万画素対応になったのが革命的。他の携帯端末では今や200~300万画素が当たり前になってきていますが、WILLCOM(旧DDIポケット)は大人の事情でなかなか性能に惹かれる端末が出ておらず、今回の新機種ラインナップはWILLCOMユーザーにとっては待望のものだったのであります。

と、どうでもいいフリはともかく。
カメラとフルブラウザが目的なわしの感想。

☆動作はけっこう速いと思う
☆カメラはピントが微妙だけどまあそこそこ
☆通話音質は相変わらず良好
☆フルブラウザでPCサイトがそのまま再生可
☆Javaアプリが使えるので夢が広がりんぐ
☆つなぎ放題で年割+AB割+長期割で月額税込3654円は安い

▼動作は早いけどWEB絡みで半フリーズ状態になること多し
▼電車内等ではWEB通信が止まりやすい
▼1xの通信だとフルブラウザのページの実用性は微妙
▼フレームの具合によっては表示がイマイチになる

ま、1週間も使ってない時点での感想としてはこんなもん。
不満点はWEB絡みばっかですな・・・。

実際移動中などでも最近のWILLCOMは回線が途切れることなく通話はできるんですが、データ通信はそうもいかないんでしょうかね。
テキストばかりのサイトはすぐ表示が出ますけど、画像の入るページなんかだと通信が軒並み停止状態になってしまうのは如何ともし難い点。
ま、これはたぶんPHSの仕様だと思うんで割り切ってます。

1xの転送速度だとYahooを開くのもダルい感じ。おっそい。
画像をオフにすれば早いんですが、有り難味が無いですし。
これはDSL回線に慣れた身にはちょっとしたストレス。
これも割り切るしかないですがw

ま、この安さでネット使い放題ってのは最高。
つなぎ放題プランでも普通に音声通話できるんで、ほとんど音声通話はせず(←友達いません)ネット中毒のわしにとっては非常に有り難い料金プラン。
端末に文句をつける点はいくつもありますが、それを上回る便利さで、既に非常に愛着のある端末になっております。

WILLCOM大好き。


wx310sa

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/12/12

WinFixer2005

ついこの前「Jwordが勝手にインストール」云々のエントリを書きましたが、最近になって海外サイトを中心にまた危険な系統のスパイウェアが出てきています。

その名は『WinFixer2005』。

ページを開いた瞬間に以下のようなボックスが現れる事があります。

「注意:レジストリデータベースまたはファイルシステムに有り得るエラーによりご利用のパソコンは機能が悪くなってブロックになってしまうことがあります。
で無料のすばやいスキャンを実施することができます。
それでは、レジストリーデータベスでのエラーを修理するにはWinFixer2005をダウンロードしたいですか?(推奨)」

PCに慣れていない人は絶対に引っかかってしまう文ですな。
微妙に日本語がオカシイ時点で疑ってかかれる人はOKでしょう。

これでそのまま話を進めると勝手にシステムをスキャンしたフリをし、適当な数をカウントしてスパイウェアの数として表示。
更に修正ソフトをインストールしてくるように奨められます。
しかも、これを有料アップデートさせることもできるという巧妙な罠を敷いてあるため、思わずアップデートしてしまう人もいることでしょう。

が。

この修正ツールと称してるモノがスパイウェアなわけで。

ちなみにわしはこのスキャンで48個ほどカウントされましたが、直後にAD-AwareとSpybotでチェックしてみたところスパイウェアは10個しか検出されませんでした。
内訳はTrackingCookie7(まあこれはありがち)とWinFixer3。

擬似スキャンをかけた時点で仕込まれていたようです。

追記・ここでカウントされる数字は完全にランダムなようです。
ページのリロードを繰り返してみたところ、52だったり40だったり。増えるならとにかくチェックし直しでスパイウェアが減るのはありえんw


ちなみにコレが入ってしまうと、PC起動時に定期的にアップデートの警告やらポップアップが出るそうで。
情報送信なんかもいろいろやってるみたいです。(ウチのNorton先生のファイアーウォールが起きました)

心当たりのある方はセーフモードにして『アプリケーションの追加と削除』からWinFixer2005を削除、そのあとにAD-AwareとSpybotでお掃除をするのをおすすめします。

あと、ここもIEの制限付きサイトに叩き込んでおきましょう。
以前のエントリにも書いたこのサイトを参考に

winfixer

こんな感じで『*.winfixer.com』を止めてしまいましょう。

1/11 検索のあまりの多さに更に更に追記。

Norton等のファイアーウォールで止めても、一回OKボタンをクリックしてしまうとスタート時にポップアップが出てくるようです。

順番的には、

『ダウンロードしたいですか?』でOKを押す(この時Norton起きる)

スタートアップでポップアップが起動するように細工される

同時にシステム起動でどっかのサイトのスパイウェアの詰め込まれたexeファイルに自動的にアクセスをしに行くように仕込まれるため、ファイアーウォールソフトで止めていない場合はシステム起動をする度にスパイウェアをインストールしてしまう

このような感じです。
(これはスパイウェア自動再生装置になっているため、AD-AwareやSpybotで掃除しただけだと次の再起動でまたスパイウェアを取りに行ってしまい、すぐ復活してしまう仕組みです)

わしはファイアーウォールで即止めてしまったため、スタート時にポップアップが出るだけだったのですが(スパイウェアの採取を止めた状態)、毎回起動時にこれが出るのもうざい上に、この状態だとAD-AwareもSpybotも効かないためレジストリを直接いじって削除してしまいました。

レジストリはあまりPCを解っていない方には危険です。
わしの過去に書いた記事の『6』を参照にhttp~.exeのスタートアップがあるはずなので、これを止めることをおすすめします。
Win2000の人はmsconfigが使えないですが、HijackThisをかければ出てきそうな気がします(未確認)。

そしてファイアーウォール対策をやっていなかった方はセーフモードから『アプリケーションの追加と削除』でWinFixer2005をアンインストール、そしてAD-AwareやSpybot等を一通り回すのが良いと思います。


アダ被の部屋』のこのページも参照にどうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/12/09

龍口春雨・6種のきのこ

龍口食品『龍口春雨・6種のきのこ』。ampmにて採取。

今日のお昼はこれと野菜サラダで合計305キロカロリー。
3時には腹がすくスペシャルメニュー、継続中です。

『6種類のきのこをフワフワ溶き卵のスープでお楽しみください』とのことで、スタンダードなきのこスープを想像。

スープの色は薄茶色でそれっぽい感じ。
それとやはりフリーズドライのきのこがそれなりの量。

味はきのうのかぼちゃとあまり変わらないです。
やはり塩胡椒風味のしょっぱ辛いスープ。
きのこはまあフリーズドライとしてはこんなもんでしょう。そこそこの歯ごたえはあるんですが、もうちょい量が多いほうが良かったかもしれません。

塩胡椒ベースのスープは前エントリーのかぼちゃに比べると違和感が無いのでこれはこれでそこそこ。

ただ、スープを飲み干すとカップ底にものすごい量の胡椒が・・・。
これさえなければ・・・。
そりゃしょっぱ辛いわな。


harusamekinoko


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/08

龍口春雨・かぼちゃ

龍口食品『龍口春雨・かぼちゃ』。ampmにて採取。

現在再度減量中。目標5キロ。
ということで、またはるさめ系+野菜サラダなランチ生活を過ごしております。

『かぼちゃとキャロットをすりおろしてスープを作りました』とのことで、スープの色はかなりどぎつい黄色。
具はフリーズドライの大きめのかぼちゃとキャベツがメインで、野菜はそれなりの量。
パンプキンスープを想像すれば、これは美味しそうに見えます。

が。

スープがいまいち・・・というかあんまり美味くないですな。
かぼちゃもニンジンもそれっぽい味はあんまりせず、では何の味かというと塩胡椒ベースのスパイススープといったところ。
ぶっちゃけしょっぱ辛い、という一言。

野菜はたしかにフリーズドライで歯ごたえなんかもきちんとあるのですが、スープの出来がかなり残念。
わし的な評価は低めです。


harusamekabocha


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/03

続・いろいろと書いてみる

「続」の割に間隔長いですけどw

前回のキムチネタがありましたが、実はこれより少し前に毎日新聞の記事でも微妙な記事を書かれた方がいらっしゃいました。

寄生虫の卵 感染、ラッキーかも=猪飼順 /東京

 鍋物の季節がやってきた。我が家の定番はキムチ鍋。冷蔵庫にあったキムチは、寄生虫の卵が検出されたと話題の某国製だったが、炒めたキムチを使うのがおいしさのコツというから、卵があっても問題ないだろう。

 子どものころ、野菜を洗っていて「虫がいる」と大騒ぎして怒られたことを思い出した。行商に来る農家から買っていた野菜は、虫食い跡は当たり前。菜っ葉類を洗うと、必ずといっていいほど、元気な虫に遭遇したものだ。慣れてしまえば、「虫がつくほどおいしい」と思えてきた。

 寄生虫に感染するとアレルギー反応を抑制できるという学説を唱える藤田紘一郎・東京医科歯科大名誉教授は、自らもサナダムシを体内に共生させていたことで有名だ。花粉症が抑えられる上に、いくら食べても太らないなどと聞くと、魅力的とすら思う。

 とはいえ、さすがに自分から卵を飲む勇気はない。「キムチで感染したら、ラッキーかもしれない」と頭をかすめ、深夜に鍋を平らげた。感染よりも、まず食べ過ぎに注意すべきかもしれない。


全文コピペしてしまったんですが、突っ込みどころが全体にまぶされている上に文章的に一部を切ってしまうと意味が通じなくなってしまう感じだったため、長いですが全部コピーしてしまいました。

東京新聞の「なあに、かえって免疫力がつく。」に比べたらそんなキムチ臭い文章ではないのですが、やはりこの人も人寄生虫と犬寄生虫の違いが解っていなかったんですね。

人寄生虫=人体の一定の所に寄生する
犬寄生虫=もともと人体に寄生するものではないため、虫は寄生場所を探して体内を駆けめぐり、最悪の場合目や脳に行ってしまって死に至ることもある

毎日新聞はたまにものすごい左向きの記事を書くことがあるため、過剰に火がついた方が結構いたようで、記者の方でも3日付で謝罪を入れてあります。

ま、東京新聞に比べればマシですかね。
ちゃんとWikiでもネタにされております。


話は変わりまして。

前回の記事で書いた『JWord』。昔書いたスパイウェアの記事(今でもこの記事に検索で飛んでこられる方が多いです)と絡めて対策をしてみてはいかがでしょう。


サイトによってはページを開くたびにインストール窓が出たり、勝手にインストール完了されたりと非常にうざいものなんでありますが、これがうざいと思っている方は以下のサイトを参照にしていただくと参考になると思います。

(ちなみにJWord側ではこれはスパイウェアではないと言っていますが、ユーザーに許可無く勝手にインストールして情報送信を行っている時点でわしは100%スパイウェアだと思っています)

邪魔なJwordプラグインのインストーラウインドウを起動させない方法

まずはコントロールパネル→アプリケーションの追加と削除、からJWordを削除してからどうぞ。


もうひとつネタ(?)。

スパイウェアと同じくらいうざいのがスパムメール。
コレに悩んでいる方はプロバイダのフィルタ機能を使ってスパムメール対策をしてみてはどうでしょう。

わしの場合は@Niftyなんですが、

1.Niftyのトップページから『Webメール』にログイン
2.ログオン後に『オプション』→『スパムメールブロック』
3.「スパムメールブロックの設定」画面一番下の『スパムメールブロック条件を編集する』
4.『新規作成』からこんな感じで編集

20051203-1

対象=『差出人』
キーワード/値=『info@*.com』
「ワイルドカードを有効にする」にチェック
条件=『の文字を含む』
動作=『迷惑メールフォルダに移動する』

こんな感じで。
同様に『info@*.net』もフィルター行き。

こうすればinfo@xxxxx.com(及び.net)から来るスパムは全てフィルターがかかります。

現状スパムのほとんどは中国なり韓国のサーバーからxxxxxの部分をランダムに書き換えた『info~,net(com)』アドレスで送信されてくるため、1個1個受信拒否設定をしていてはキリがないんです。
というわけでこれで根こそぎ除去。

動作を『迷惑メールフォルダに~』にしているのはたまーにまともな企業からのメールがこのinfo~.net等になっている場合があるため。
定期的にWebメールから迷惑メールフォルダの中を確認しないといけないという弱点はありますが、一日数通のスパムメールに悩まされている方はこうやって対策を取っていただくのが良いかと。
(というかセーフのリストに入れればいいだけかも)

わしは当初『完全無料』とか『女性会員』とかその辺をフィルターかけていたんですが、業者側で『完 全 無 料』とかやられてしまうとフィルターを抜けてきてしまうので、こう変更しました。

わしはこれでほぼ100%フィルターになっております。
メールソフトにはキレイなメールのみ入ってくるのでとっても快適。

是非おためしあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »