« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/26

プリンひとりじめ

『プリンひとりじめ』。ampmにて採取。
ampmの関東・山梨・近畿限定販売商品です。

とにかくでっかいプリン。
たまーに甘いものをいっぱい食べたくなる方におすすめ。

プリンの上と下にたっぷりのカラメルソース。
上に乗っかった生クリーム。

味としては普通(ただ、コンビニプリンとしてのクオリティーは高いほうだと思う)。しかし、そのボリュームがとにかく脳内の甘いもの欲というものを満たしてくれます。

甘いものがとことん食べたくなった時におすすめです。


・・・623キロカロリー・・・、か(汗


Purinhitorijime

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/24

アサイーエナジー・バナナミックス

フルッタフルッタ『アサイーエナジー・バナナミックス』
ampmにて採取。

紹介文が長くなりそうなので、メーカーのHPで読んでくださいw

そこらの健康食品詐欺みたいな説明文が並んでいます。
まあ、わしにとっては美味ければなんでもいいんですが。

ボトルを開けると微妙に生臭モノのような臭い。
ブルーベリーのような色と味、バナナのこってりさと甘味、そしてなんともいえない不快感。
どろっとした茶紫っぽい色はまるでしるこ缶を飲んでいるよう。

美味いものを求めるならバナナミルク飲んだほうが10倍良いとは思います。
栄養価に関してはものすごいっぽいんですけど。

あと、白い服に付くと大惨事確定です。


Acaibanana


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/22

ゴールクラブ

エヌエス・インターナショナル『ゴールクラブ』。
サンクスにて採取。
原産国はイタリアだそうです。

『パス、ドリブル、シュート、ゴール!サッカー王国イタリアからやってきた、あっさり塩味のポテトスナック。サッカー選手をかたどったさっくり軽い食感を楽しもう』だそうです。
かなり子供を狙った商品といえるでしょう。

さて、中身はどんなもんでしょう・・・。


Goal1


おかーさーん、奇形児がいっぱいー!!


これは酷い。
イタリアの事ですから、パスタの要領で型をばんばん取っていったんでしょうがこれがまた見るも無残な百鬼夜行状態。

Goal2

いきなり何事かと思わせる双頭っぷりですが、たぶんヘディングなんでしょう。
微妙な手足のひん曲がりが怖いです。

Goal3

足が!!
これはあれか。モチーフは寄生獣か。
微妙に取れている左腕が奇形度アップ。
てかパーツ取れたらグロ形状一直線だなー、これ。

Goal4

唯一に近いまともな形。
足先が巨大化しているのさえ目をつぶれば、数を揃えて明和東スライディングタックル部隊くらいには使えそうです。


というわけで、子供が号泣必死なこの奇形スナック
味は決して悪くない(むしろうまい)ので、話のネタにおすすめです。
どっちにしろワールドカップ終わるまでの命でしょうが。


とりあえずメーカーに一言。
何故ボールを付ける。


Goalclub

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/21

ハイレモン

明治製菓『ハイレモン』。ampmにて採取。

昔懐かしいお菓子のひとつとして覚えてる方も多いでしょう。
昔のハイレモンの風味は、つぶつぶレモンチップが入ったことにより、よりすっぱさが増した味となって帰ってきました。

しかし箱にトラップが。

『栄養機能食品』との記載があり、その関係で『1日あたり6粒を目安にそのままお召し上がりください』の文字。
駄菓子のくせに生意気なことが記載されているなと思っていたら、『一日の摂取目安量を守ってください』との警告まである始末。

ハイレモンも随分高いところへ行ってしまったもんだ。
こんなん6粒とかちまちま喰うお菓子じゃないですって。


Highlemon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/15

辛えびせん

農心ジャパン『辛えびせん(仮称)』。ドンキホーテにて採取。
正式名称が全てハングルなのですが、メーカーサイトはこちら

なんつーかアレですか。ウリジナルという奴ですか。
パッケージも見事にかっぱえびせんのパクリ。
もっともかっぱえびせんは1964年発売、こちらのほうはサイトの数字だけ拾っていく限りは1965やら1970年の発売なようですので、韓国お得意のウリナラ起源とかヌカしているわけではなさそうですが。

さて、中身のスナック自体もかっぱえびせんとほぼ同じ形。
ちょっとかっぱえびせんに比べると形が太いか・・・。

味はキムチ+えびせんという感じなのですが、ムカつくことにこれが美味いんですな。
さすがにベースの風味はかっぱえびせんとはズレがありますが、完成度としては非常に高く、辛すぎというわけでもないので非常に食べやすい味。

味はおすすめ。
でもこれでニダーのサイフが潤ってホルホルするのを見てもムカつくだけなので、購入はおすすめしませんw


※参考(韓国大好き人間は見るべからず)
厳選!韓国情報★パクリ超大国南朝鮮


Sinebisen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/13

かっぱえびせん・韓国のり風味

カルビー『かっぱえびせん・韓国のり風味』。ampmにて採取。

『ゴマ油とのりの味が「かっぱえびせん」の美味しさを引き立てます。いつものえびせんより細い形なので、サクサクッとした食感も軽く食べやすいうえ、より「韓国のり」の風味を味わえるのが特徴です』
とのメーカーHPよりの引用。

しかし中身少なくなりましたねぇ、カルビーの袋菓子・・・。

中身はあまり特筆すべき点もない平凡な味。
ごま油の風味も指摘されないとわからないほどで、韓国海苔などと名乗らないでも普通の青海苔風味で充分な感じ。
いつものえびせんより細くなった関係で、かっぱえびせんのざくざくいった食感がだいぶ殺されなんだかつまらない食感に。

失敗作とか断言して良いですかね?
不味くはないんですが、全てが空回りといった感じなので・・・。

所詮カルビー袋菓子のアレンジ風味のクオリティーの限界ってとこなんだなあ、これも。


Kappaebisenkankokunori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/06

ペプシレッド

サントリー『PEPSI RED』。ampmにて採取。
6/6からの数量限定発売品。

『スパイス風味とコーラならではの炭酸の刺激が絶妙なバランスのコーラ飲料です』とはメーカーの弁ですが、ペプシブルーで痛い目にあった(特にウンコの色が)人が多いでしょうから、ペプシレッド自体を警戒してかかる人、こんどはどんなネタで攻めてくるかを楽しみにする人に二分されると思います。

とうぜんわしは後者。
ネタどんとこい。

香りとしてはいかにもなコーラの香り。
若干駄菓子屋コーラの感じが強い香りですな。

味はまた微妙な感じ。
口に入った瞬間に確かにスパイス・・・シナモンっぽい味がかなり強烈にきます。というよりほぼシナモン味。
モノを勘違いしているかもですが、ニッキ飴がこんな味だったような。
ニッキ飴の味で、後味がコーラ。

美味いか不味いかという評価を付けられる味ではない代物。
たぶんゲテモノ扱いする人がほとんどだろうなあ。

ちなみにぬるくなっても味の劣化はあまりありません。
スパイス風味がコーラのほとんどを消しているせいでしょうか。
舌に残る感覚はコーラそのものなんですがねぇ。

あくまでもPEPSI REDであって、コーラではない飲み物って感じ。

ちなみに今回は着色用に赤色102号を使用。
ウンコの色は変わるんでしょうかw


Pepsired

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »