« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/04

ガンプラ作成日記ファイナル

こんなものを購入してきました。

Gundam13

紙ヤスリとガンダムマーカー墨入れ用(ブラック、グレー、ブラウン)。
あとツヤ消しスプレー。
思ったよりうまくいったので、このあたりに手を付けてみようかなー、と。

紙ヤスリは目立ってデコボコのある部分にごしごしと。
最初に400番ででっぱりを削り、1500番で磨き。
やっているうちに根気がなくなってきて適当にw


続いて墨入れ。

初心者の墨入れ御用達のガンダムマーカーを使い、デコボコの部分やパーツにラインの入っている部分をぐりぐりと塗っていきます。
赤や黄色の部分にはブラウンを、それ以外の部分には黒やグレーが効果的なんだそうです。

とりあえず顔の部分をぐりぐりぐりっと。

Gundam12

使用前

Gundam14

使用後。


失敗を恐れ、最初は色の薄いグレーでぐりぐりやっていたんですが、乾いてみると思ったより目立たないようで、これもあとからブラックで塗り直ししています。

まあでもこれだけでもちょっとイメージは変わりましたね。


Gundam16

一通り墨入れしてみました。
ガンダムマーカーという名前はついているものの、使い勝手は普通の細字サインペンなためガンガン線がはみ出ますが、そのあたりは100円ショップで購入した除光液で拭きながらフォロー。
微妙に拭きのにじみが汚れっぽくなって、それはそれで味が出たり。

ちなみにここまででトータル6時間半くらい。
墨入れに1時間くらいかけましたが、慣れてきたら15分くらいで終わりそうな作業な気がします。
本格的にやる人は話が別でしょうが。


ここで一旦仮組み。(ここで例のポリキャップズレを修正)
そして次はツヤ消し作業を。

本来は一旦バラしてパーツごとにツヤ消しをしていくのがベストなんでしょうが、ヘタにバラしたらそのまま逝ってしまわれそうな感じだったため、仮組みをしたままツヤ消し作業を続行することに。


Gundam17

こんな感じでガンプラの入っていた箱に仮組みしたモノを入れ、ツヤ消しスプレーをぶっかけます。

一般的には吹きムラを防ぐため、スプレーの吹き始めと吹き終わりは当てては駄目なんだそうですが、このやり方でやる分にはたいして意味がないような気がしなくもない(汗)。
とりあえずは吹き始めと終わりをかけないように軽めにぶしゅーっと。

30分ほど待ち、裏側にもぶしゅー。


この後、ある程度長い時間乾燥に置くのがいいとのことなので(わしの購入したのが水性のツヤ消しスプレーだったため)、その間に時間潰しでもしようかと。


Gundam18

HGUC 1/144 RMS-106 ハイザック


なぜかウチの近所のお店のホビーコーナーは、初代がMGばかり、HGがZ以降というへんちくりんなラインナップで揃っているため今回もZガンダムのブツ。

さすが量産型といわんばかりのパーツ数(と価格)。
スーパーガンダムがいくら2キットでできているとはいえ、総パーツ数はガンダムMk-II部分よりもかなり少なく、スーパーガンダム全体と比べるとパーツ数は半分程度です。

特に写真を撮るまでもなく2時間程度でパーツ組み、墨入れ完了。
そして乾燥したスーパーガンダムと入れ替えるようにツヤ消し。

・・・・・・

ということでスーパーガンダムが完成しました。

まずはガンダムMk-II部分から。

Gundam19

こうやってみると、墨入れの効果はでかいですね。
ガンダムペンで墨入れやってる時点ではただのラクガキ程度な感覚でやってしまっているのですが。


続いてGディフェンサーと組み合わせスーパーガンダム総合。

Gundam20

Gディフェンサー部分があきらかに墨入れが足りませんが、まあそれはそれでまた修正することにしましょう。
合わせ目部分の隙間が気になりますが、このへんは見なかったことに。

実はこのスーパーガンダム、GディフェンサーとガンダムMk-IIの間の接合部が非常に脆く(1ヶ所しか固定する場所がない)、常にグラグラしているのが難点。
これはキット的に如何ともし難いですな。


おまけ。

Gundam21

なんかおまけのほうが出来が良い気がするなw
パーツ少ないし本体の色が濃いから墨入れの失敗も目立たないし。


というわけで散々引っ張ったガンプラ日記終了。

そのうちMGにもチャレンジしてみようかなー。
パーツ板10枚くらいあるらしいですけどw

『一個一個パーツを組み立てる事によって魂が籠るんだよ。思い入れがオモチャとは全然違うんだ!』というのは「げんしけん」での田中の弁。
こうやって組み上げてみると、この言葉の意味が心に染みますな。


★今回のガンプラ作成において、G-striker様の『初心者のためのガンプラ講座』コーナーを参考にさせて頂きました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/04/01

ガンプラ作成日記3

Gディフェンサーは完成したので、次はガンダムMk-IIに着手。

パーツがちまくなってきます。
1個のパーツの中にポリキャップ(別のパーツとの接続用部品)が複数入ってきたり、色の別れる部分が小さなパーツ複数で構成されてたりと神経を集中させる作業が多くなってきます。


Gundam8

組み上げた後にポリキャップの入れ忘れとかが発覚すると相当めんどくさそうなんで、このあたりは慎重にやらないといけません。


Gundam11

このボディー部分の首と繋がるポリキャップは、写真撮った後で付ける場所がズレていることが発覚しいったんバラしています(汗)。
写真に胴体部のマニュアルが写っていますが、良く見直すと明らかにポリキャップの付け方が間違っていますw
他のパーツと組み合わせるまで気付かないもんなんですよね。


Gundam9

片足完成。
これだけでパーツ20個弱使っているような・・・。
関節が絡んでくるのでパーツが細かいです。


Gundam10

腕。
足よりはパーツがシンプルです。
細かい作業もこの部分は少なめ。


Gundam12

頭できたよー\(^o^)/

シンプルですが、パーツがなかなか組み合わず苦労した所。
これで大雑把なパーツはだいたい完成。
パーツの破損が無くて良かったよ・・・。

さて、精神的に余裕が出てきたので、次は墨入れでもしてみようかと思っています。
以下次回。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »