« 2007年9月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/18

副都心線地獄

開通したばかりのメトロ副都心線。
通勤時間にどんなもんかと乗ってきました。

まあ地獄絵図ですねこれ。


わしは西武池袋線快速の副都心線直通渋谷行きに乗ったんですが、まず副都心線に入れないというミラクルが発生。

まずは稲荷山公園にて乗車。石神井公園まではまずまず順調。
が、快速で練馬へ着く直前に5分程度停止。
急行線を走っていたのに緩行線を走る鈍行2本に抜かれました。
うち鈍行1本はメトロ直通車。
ということはその鈍行を通さないと練馬ホームに入線ができません。
(練馬駅は西武線ホーム1線+メトロ1線+通過線という構造)

この時点で車内は完全に人身事故と同じ空気に。
あちこちで遅刻の電話をする声が多数。


ようやく到着した練馬では、10両編成の快速渋谷行きから、接続の8両編成の各停池袋行きへと民族大移動。
ほぼ直通電車から客が居なくなり、10両編成の渋谷行きは着席が余裕。
逆に10両から8両へと詰め込みを強制される接続の各停は、客が乗り切れず積み残しがむこう数列車分くらいの人数になっており、まさに大パニック状態。

ダイヤが乱れた結果、本来この各駅停車は(稲荷山公園で)次に発車する通勤急行よりも池袋に先着するはずなんですが、その通勤急行に練馬でさくっと抜かれました。
存在価値ないですわこの快速。


このパニックが絡んでいるのか、練馬駅で渋谷行きは5分強停車。
そして発車したものの、高架の練馬駅から地下に潜っていく下り坂の途中でまた数分停車。
メトロと合流する小竹向原が混乱しているのか、その後も頻繁に停止。
小竹向原では和光市方面からの電車を何故か2回お出迎え。
ちなみに有楽町方面の電車は常に満員。渋谷行きは着席率100%にならず。

池袋で丸の内線に乗り換えるので降りましたが、丸の内線に改札内の乗りかえができるのだけは良いですね。
もっとラッシュが安定してくれないと利用価値ないですけど。


↓ちなみにわしこの動画の20~25分後くらいに練馬通ってるんですが、その時にはもっとやばいことになっていました。


ちなみに、今回池袋線狭山ヶ丘以西がやばいことになりました。
特に帰宅ラッシュ時下りが。


朝7時台の池袋行きは元10本→4本メトロに持っていかれて6本に、帰りラッシュ時間は池袋発6本→メトロに2本持っていかれて1時間4本に。
ラッシュ時に15分間隔でしか電車来ないって何処の田舎だよ。(埼玉です)


ちなみにこの夕ラッシュ時間帯。
池袋発の合間にメトロ直通電車が練馬で合流してくるのですが、このメトロからの直通準急飯能行きが所沢駅で急行小手指行きに抜かれるというダイヤが今回の副都心線開通のミラクル。
両方共所沢からは各停になるのに、行き先が手前の電車を先に通すという狭山ヶ丘以西の住民を挑発するようなステキな急行電車が今回誕生しております。

まあ、池袋で急行電車に乗ればとりあえず飯能行きには接続できますよ、ってことなんでしょうけどギッチギチに混んだ飯能行きが後続のスカスカな小手指行きに追い抜かれるシーンはなかなかセンセーショナルなものがありました。

小手指止まりの急行に所沢で接続されても、所沢の時点で着席できないのでは有り難味が半減。
池袋から座って帰れる電車がダイレクトに減ったってことですから、疲れたサラリーマンからはこの運用に苦情出まくりでしょう。
しかもメトロがダイヤ狂って直通運転中止にされた日には・・・。


というわけで副都心線云々よりもそれによるとばっちりのほうが多い稲荷山公園駅利用者の愚痴でした。
副都心線直通マジで勘弁してください(泣

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/15

おや、電源の様子が・・・?

さて前回きれいに大円団といった感じの我がメインマシン。


突然電源が入らなくなりました(汗


前回のコメントでMな方に「前方に広がる地雷原に~」なんてコメントをいただきましたが、またひとつ新たな地雷を踏んづけてしまったようです。さて、どうしたもんか・・・。


実は自作マシン完成数日後に気づいたことがあったんです。


妙に電源スイッチのレスポンスが悪いのと、電源オフ時にたまにNum/Caps/Scrollの3つのLockキーのLEDが高速点滅したままの状態になること。
一旦電源のコンセントを切れば点滅が消えるのですが、この高速点滅中には電源スイッチの反応が高確率でコケます。

そんな中、とりあえずコンセント入れ直せばOKだったという状態で騙し騙し使っていたのですが、ある日の朝出勤前にPCに電源を入れたところ全く動かずに、いくら電源をさしなおしてもLEDが高速点滅するばかり。

会社で「キーボードLEDの高速点滅」をキーワードに調べてみたところ、どうやら電源不足時に発生することのある症状、とのこと。
電源不足ねぇ・・・。
まだCPUとHDDx2、DVD-R、グラボとキャプチャーボード1枚しか電源喰うもの積んでないんですがねぇ・・・。


その日の夜、家に帰りやっぱり電源が入らないのを確認。
ケースを開けてみると、マザーボードの通電LEDが高速点滅しており、これがキーボードのLEDとも連動しているのだろうか。
念のため、ドライブ系を全部取り外してみてもLEDも電源も変わらず。


ここでサブマシンにてMessangerを起動。
Ienaさんがまだおうちに帰れていなかったようなので速攻で捕獲。

『ん~、とりあえず旧電源さしてLED点くかどうかだけ見てみれば?』

旧電源は24ピン電源ではないので、起動こそしないだろうけど通電ランプくらいは解るだろうとのことで、早速旧電源を引っぱり出してきて取り付け。
スイッチオンでLEDが普通に点灯。

『んじゃあ電源で確定だね~』


ということで、電源の買い直しが必要になりました。

さて・・・。

予算どうすっかな(汗

前回の組み上げ完成後、とりあえず無ければいかんということでS-ATAのDVD-Rドライブと、EQ2をテスト起動させたときに重いゾーンでHDDへの頻繁なアクセスが行って処理落ちする(=メモリ不足)ということが解っていたのでメモリを追加で2GB購入していたのです。

この時点で当初の予算金額を完全にオーバーしとります。
というか既に飯代を削る世界に入りはじめてましてね・・・。


と、ここでMessangerにミッチーの存在を確認。
駄目元で聞いてみる。

『いきなりだけど電源余ってない?』

『んー、まってね。探してみるよ。・・・(数分後)・・・あったよー』

やはり持つべき物は(マニアの)友達ですなー。

安値で譲ってくれと交渉したところ、取りにくるならあげるよとのことで翌日の会社帰りに電源を引き取りに。
早速繋ぎ直してみたところ、電源ランプはきれいに点灯。
電源スイッチも問題なくOK。

これで駄目だったらマザーボードトラブルということでほぼ確定、またあの地獄のようなCPUファン取り付けが待っているかと思うともう投げ出したい気分でいっぱいだったんですが、これで一安心。


的確なアドバイスをくれたIenaさんとミッチーにはほんと大感謝。

しかし自分でもびっくりするくらいな他力本願の自作だ(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/09

久々の(ほぼ)自作2

さて組上げを始めるとしましょう。
(なんかガンプラの時と同じ言い回しだな・・・)

まずはマザーボードを開封し、メモリとCPUの取り付け。

メモリは向きを確認してざくっと。
CPUは以前以上に向きはきっちり確認する形ですが、向きさえ合えばちょこんと置くだけでOK。
まあこのへんは楽なもんです。

が。

CPUファンが刺さらねえええぇぇ!!!


マザーボードの4つの穴にピンをはめ込むだけなんですが、なかなかロックがかからない。
『このタイプのファンはピンに合うように軽く置いてパチンとやるだけで大丈夫だよ』というのはギルドメンバーであるIenaさんの弁。


でもパチンがいかないんだよおおぉぉおりゃああああふおおおおらめええぇぇぇぇMakosなんか出ちゃうううううっっっ!!!


ネットを調べながら1時間くらい粘ってましたが、結局ピンの3本と残りの1本の半分くらいのロックが出来た時点でファンの取り付けは諦め。
まあ、ぐらつきとかはないようなので・・・なんとかなるっしょ。

きっと。


あとは1個しかないIDEポートに2台のHDD取り付け。
シリアルATA変換コネクタを今まで使っていたDVD-Rに取り付け、あとはマザーボードのピン系を確認しつつ装着。


さてこれで電源オン。

おっしゃメーカーロゴでた!BIOS画面でた!メモリのカウントもOK!HDD認識してる!

・・・またメーカーロゴでた?(汗


ここでループを繰り返す形のため、パーツを1個づつ取り外して起動のテストをいろいろ実験。
S-ATA変換コネクタを付けたDVD-Rがとんでもない熱を出していたので、S-ATA変換ケーブルには速攻でジェノサイドされていただきました。
(後日S-ATAのDVD-R購入)

しかしDVD-Rはおろか、HDD以外のパーツを全部とっかえひっかえしても動かない物は動かず。
それじゃあOS上書きすれば直るかな、とIDEのコネクタのうち1個をDVD-Rに付けてOSの上書き作業を実施。
上書きはうまくいったもののやはりBIOSループ状態。

なにが原因なんでしょう・・・。


起動時にこける時はHDDにアクセスしようとした瞬間に落ちた。
でもOS上書きの時はHDDにアクセスがきちんといっている。
だとHDD自体が原因ではないだろう。メモリの可能性は考えられるが。

だとやはりOSをクリーンインストールするのが手っ取り早いか。


試しにうちに転がっている(寒くなると奇声をあげる)HDDをつけてフォーマットをし、OSをインストール。

やだ・・・動いた・・・。
(イメージは妊娠中の谷亮子あたりをご自由に)


あんまりブートHDDのフォーマットはやりたくなかったんですが(ライセンスキー無くしてるソフトが複数あるんで)、もうここまでパーツを買い漁ってここで止まってしまうというのもあり得ないので、このブートしたHDDをベースに旧ブートHDDをセカンダリに付けて、外付けHDDへデータの吸い上げ。

自作人の常識として、マザー交換時はOSクリーンインストールをするというのは常識ではあるんですが、今までマザーを数回換えてOSを入れ直さずに済んでいたので甘く見ていましたね。


その後メインドライブをまっさらにフォーマットしてOSをインストール。
ドライバ系を入れ、まずはEQ2の起動テスト。
きちんと動作したのを確認してバックアップ戻し。
あと、今まで使っていたソフトのうちいくつかをダウンロードしてインストール。

わしはそんな難しいソフトは入れない人なんですが、万が一HDD飛んだ時用にと外付けHDDに入れた、普段使っているフリーソフトリストを作っておいてよかったです。

まあ入れたソフトなんぞ、Sliepnir・Thunderbird・Craving Explorer・IrFanViewと他いくつかの解凍ソフトくらいですが。


とりあえずこれにてマザー入れ替えは完了。
グラボはそのうちお金に余裕がでたら換装しましょうかね。

EQ2もさくさく動くようになりました。
グラフィックレベルMAXにするとEQ2落ちますけど(死


Thanks for Iena/Tinatu/Juya/Pinga and ALL NBA members

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/06/08

久々の(ほぼ)自作

いままでわしの使ってたマシンは、まあ普通のソフト動かす分には全然問題のないスペックではあったんですが、メインで動作させてるソフトがEQ2という滅茶苦茶な廃人スペックを要求するソフトであり、EQ2の動作がかっくかくで困っていました。


で、パワーアップさせようにも元々がレガシーなシステムでして。

☆元CPUがPentium4/3GHzで現在のCPUに乗せ換えられない
☆メモリがDDR1なため、現在安価であるDDR2メモリが使えない
☆グラボがAGP規格なため、現在のPCI-Eのグラボが付けられない


3つとも3Dネットゲーム用のパワーアップとして現状どうしようもないものでして、いっそのことというわけで週末を使ってのマザーボード/CPUの入れ替えをやっておりました。
とはいえ今のマザーの規格を考えると用意する物が多くてですね。

マザーボード(CPU、メモリ、グラボを乗せ換えるすべてに絡む物)
メモリー(DDR1メモリからDDR2メモリへ)
CPU
グラフィックカード
電源(Pen4時代の旧電源だと、最近のマザーボードにはいくつかコネクタが足りない)

そして最近のマザーはIDEポートが1つしかついてないんですね。
わしはDVD-RとHDD2個をIDE接続にしていたので、ドライブ系を1個シリアルATA経由で付け直さないといけません。


つい最近にTinatu氏に電源(500W)とグラボ(GeForce6600)は貰っていたので、それを有効利用するとして以下の物を購入。

マザーボード:ASUS P5K-E
CPU:Intel Core2Duo E8400(3.0Ghz)
メモリ:どっかのバッタメーカーの1GBメモリx2
IDE→シリアルATA変換コネクタ

計ほぼ40000円。
グラボは実質パワーダウン(GF6600GT→GF6600)ですが、貰い物なので文句は言いません。
というか文句言ったらぶっ殺されそうな感じです。


組み上げ時の話はまた次回。

つか今日パーツ集めにアキバ行かないで良かったよ・・・。


20080608


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2008年7月 »