« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/02

自作その後

いろいろトラブった自作マシン。

勢いで新マシンを作った結果貧困に喘いだ月末が過ぎ、給料日もきたのでアキバへビデオカードを買いに行ってきました。

RadeonHD4850の発売の影響でGeForceシリーズの値段が格段に下がったとの情報を受け、またそれ以前に漁っていた情報を合わせて今回は中級価格層の中ではコストパフォーマンスがよいとの噂のGeForce9600GTを購入してきました。

予算的にはもうちょい出せたので、RadeonHD4850にしちまおうかとも思っていたのですが、4850の消費電源がMAX110Wとなっており、大容量電源を積んでいる訳ではないという理由で今回は保留しました。
(もっとも後で調べたら9600GTも95Wくらい食うとのことです)

ちなみに9600GTの最安値はT-ZONEでの12980円。(6/28)
最安値以外の平均相場は14800円前後。
川越のソフマップでパーツ漁りしてた時は、値下げ前というのを踏まえても17800円程度していたので充分満足な価格です。
(RadeonHD4850の最安値はTsukumoの特価21800円でした)


家に帰って早速取り付け。
最近のグラボって滅茶苦茶長いんですね。
もう少し長かったら3.5インチベイの付け替えになるとこでした。

あとはドライバを入れてさくっと起動。

EQ2を耐久テストを兼ねて5時間ほど。
CPUをCore2DuoE8400に換えた時点で、重いゾーンでのコマ落ち症状からは開放されていたのですが、パーティープレイ時に魔法のエフェクト等が入るとかなりの処理落ちをしていました。
グラボを変えた時点でこの処理落ちがほぼ解消。
やはり図体がでかいだけあってたいしたもんです。


あと、なんかいい比較が無いかなーとモンスターハンターフロンティアのベンチマークソフトを実行。

まずは現在サブマシンであるPCで実験。
これは入れ替え前のメインPCにかなり近い性能です。
Pentium4-2.8GHz、メモリ1GB、GeForce6600-256MB


Mhfpentium428andgf6600256mb


で、こっちが新メインマシン。
Core2DuoE8400、メモリ4GB、GeForce9600GT-512MB


Mhfcore2e8400gf9600512mb


ここまで違うとさすがに爽快ですね。
もっともこのベンチマーク、公式サイト上に数字の基準が全く無いので「○○以上なら快適にMHFが遊べます」とかそういった基準はないアレなベンチマークですが。
3DMarkとか走らせるべきかな、やっぱ・・・。


現状のミドルスペックにおいて最もコストパフォーマンスに優れた組み合わせで作った(つもりの)マシン。
この投資金額でここまで快適に動けば大満足です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »