« Hybrid W-ZERO3モバイルバッテリー | トップページ | 初ツーリング(十石峠越え→ク・ソフト) »

2010/04/11

手打ちうどん 安仁屋@仏子

最近うどんにはまり中。

実は埼玉県というのは香川県に次ぐ全国二位のうどん消費県。
さらにこの狭山所沢近辺は『武蔵野うどん』という、太くてコシの非常に強いうどんが名物。

最近に意識するまでは全く興味の対象になっていなかったんですが、意識してみるとこの(狭山)あたりは至る所にうどん屋があり、コンビニよりもうどん屋のほうが数が多いくらいということに気づきまして。(というかうどん屋のほうが遥かに多い)

大抵の地域は『そば・うどん』という看板でお店が出ていますが、このエリアは『うどん・そば』とうどんが看板の全面に来るくらいのうどんの聖地。
そばを扱わないうどん専門店も非常に多い。
そして行ってみると解るのですが、チェーン店全盛・個人商店不毛の土地であるこの埼玉西部でも、うどん屋だけは個人商店もで結構な客が入っています。
(あの『古都』もウリはうどんだったりします)

思ってもみなかった地元の文化に最近気付いたわけです。


ま、わしもうどん大好きですし。
さいきんデブに拍車がかかりつつあるので、好物であるラーメンは暫く封印。
そんなわけで近頃地元のうどん屋を週末になると徘徊しています。

今回行ったのはこちらのお店。

手打ちうどん 安仁屋

中でも評判の良いと言われているカレーうどんにトライ。
具もたっぷり(揚げたジャガイモやナスなどあんまり一般的なカレーうどんの具ではないもの)で、作りおきではないようで具はアツアツ。
カレースープは魚介ダシにミルクを加えた甘みの優しい、スパイシー過ぎないスープ。
これをコシの強いうどんでいただきます。

ちなみに武蔵野うどんというのは一般的なうどんとは違いつるみは全くないため、麺をすすり上げるというよりは麺を噛みしめるという食感になります。
讃岐うどんのコシとはまた違うんですよね。
麺を噛んだ時に麺が押し返してくるような感覚が独特で。
たぶん好き嫌いはかなり分かれます。


ま、わしはとても美味しくいただけました。
あえて難癖をつければあたためたトマトはいらんかなと。
それ以外は大満足な出来であります。


ちなみに武蔵野うどん全体に言えますが、大体どの店も10分~15分は茹でにかかる関係で待ち時間は非常に長くなります。
讃岐うどんチェーンみたいな即注文即食即退店みたいなスタイルはとても不可能。
あと、作り置きをしない手打ちうどんだからなのでしょうが、営業時間が昼のみという営業スタイルの店が非常に多い。
この安仁屋も営業は火曜~日曜の11:00~14:30のみの営業。
でも貴重な土日の昼間を割いて行く価値はある店だと思いましたよ。


100328114210

|

« Hybrid W-ZERO3モバイルバッテリー | トップページ | 初ツーリング(十石峠越え→ク・ソフト) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34724/48060729

この記事へのトラックバック一覧です: 手打ちうどん 安仁屋@仏子:

« Hybrid W-ZERO3モバイルバッテリー | トップページ | 初ツーリング(十石峠越え→ク・ソフト) »