2009/12/28

かぶとむしの幼虫チョコ

かぶとむしの幼虫チョコ。
池袋・ナンジャタウンにて採取。

久しぶりですね、このスタイルで文書くの。
いやmixi日記は写真貼って説明ってスタイルがやりにくくて。

一時期噂になってた幼虫チョコ。
ナンジャタウンに行く機会ができたので買ってきました。

販売元のサイトでもいい写真が揃ってますね。
なんでこんな無駄にクオリティ高いんでしょうw


Musi2


バナナに群がる幼虫。
いやもうちょい仕込みを準備すりゃよかった。
なんか群がってる感がないw


Musi1


こっちのほうがいいですね。
たまたま我が家で梅干用の紫蘇を干してたので潜り込ませて見ました。
おがくずっぽいのもあったんですが、さすがにそれに埋めると食えないし。

味としては、チョコの中に刻みフレークが入っており、さくさくとした食感がいい感じ。
チョコの味自体は美味しいです。

ただ、脚の部分がいかチョコという関係で、食べるときにイカ臭さが来るのがなんとも・・・ネタ的にはOKですが。

口のところはオレンジピールだそうです。
チョコにはなかなかあってますね。

しかし・・・


Musi3


切り口はこんなになるんですが、これもうちょっとおどろおどろしいものの詰め合わせにしてくれたほうが、よりグロさが増して面白そう。
原色ドロドロのゼリービーンズかなんか細かく砕いて内臓部に入れとくとか。


長野とかでは蜂の子とかを食べると聞きますが、結構甘くて美味しいそうですね。
どうなんでしょう。(何が)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/11

うり坊(ケーキ)

いのしし型ケーキ。
東京駅八重洲口にある女性向けコンビニ『フォークトーク』にて採取。

かわいかったんで購入。
さすが女性向けコンビニだけあって、こーゆー目を引く商品展開はさすがであります。

部署の女性陣にひととおり見せ付け、さりげなくわしがかわいいもの好きということをアピールしてから食す。

モンブランかと思ったら、キャラメルクリームなんですねこれ。
耳や鼻の部分はマシュマロ細工。
耳とか鼻をぷにぷに触っているだけでわしは金額分の価値(500円)はあると思いますw
耳のプニプニ感はペット飼いには神です。

キャラメルベースなため、甘さは控えめにしているんでしょうがそれでも結構甘いです。
美味しかったですよ。(ネタとしても)


Inosisicake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/09

ラーメンスナック・カレー味

NONGSHIM(農心)『ラーメンスナック・カレー味』。
ロヂャースにて採取。

相変わらずだなここw
内容はモロにベビースターカップのパクリでございます。
相変わらず節操無いなー、ダイナミックコリアw

ベビースターの同系等の商品と比較すると、ちょっと粒が大きめで堅め。
カレー味はそこそこな感じで別段まずいものではないです。
でもなんとなくベビースターのほうの食感のが好きだなあ。

ちなみに原産国名は中国とのこと。
韓国も中国の工場を使っているんだな、と。


Ramensnackcurry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/15

暴君ハバネロ・ウマ辛・剛掌波篇

東ハト『暴君ハバネロ・ウマ辛・剛掌波篇』。
近所のパチ屋の余り球から採取。

パチンコ業界では相変わらず北斗の拳が人気な訳ですが(一時期に比べればだいぶ落ちましたけどね)、そのパチ屋の景品用として用意されたのがこれ。
以前は『ラ王』のラオウバージョン(しかも味がオリジナル)もあったりしましたけど、これは暴君ハバネロのラオウパッケージ。
ちなみに中身はオリジナルの暴君ハバネロでした。

『この辛さにうぬは立ち上がれるか!?』とパッケージに書いてありますが、パチ屋にいる高齢層の方々は暴君ハバネロ自体食べたことが無いでしょうから剛掌波並のトドメにならなければ良いのですが。


最近スロット業界は暗い話しかないのですが、そんな中こんな機種が来年に出るらしいです。
これはやってみたい。シュール過ぎるw


Habanerohokuto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/28

おー!野菜・サラダ味

大塚食品『おー!野菜・野菜ミックスサラダ味』。
ampmにて採取。

『スティック状にカットした新鮮な4種類の野菜(じゃがいも、にんじん、いんげん、ごぼう)を、そのまま真空(低温)フライしております』とのことです。
フライドポテト系のお菓子は多いですが、にんじんやごぼうがそのまま入っているのがこれの特徴です。

フライドポテトの薄黄色のイメージがこの手のお菓子の特徴ですが、いんげんの緑色やにんじんのオレンジ色は妙に映えて見えますね。

中身はホントにヘタな小細工なしのそのまんま野菜。
外はカリカリかつ中はしっとりな出来は良い感じ。
味もバランスが取れており、野菜サラダに軽くビネガー系のドレッシングをかけたような味になっています。

これは結構うまいですなー。
ごぼうとかにんじんの甘味が生きてますね。

難点はそのまますぎて、いんげんのタネが鬼のように固くなっていて食べるときに支障が出ること。
でもまあ、そのまんま野菜というコンセプトで作っているのであれば、目をつぶれるポイントではありましょう。

いんげん以外は何度でも食べたくなる感じです。
おすすめ。


Ohyasai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/24

チーズじゃがクランチチョコ

ロマンス製菓株式会社『チーズじゃがクランチチョコ』。
神田のミニストップにて採取。

チーズじゃがは解る。クランチチョコってなんじゃい。
パッケージにも『じゃがいもとチーズのおいしいハーモニー』としか書いておらず、おいしいハーモニーの中、チョコが最初からハブられた状態です。

なんつーか典型的なゲテモノですな・・・。

中身は確かにクランチチョコ風。
クランチの部分がポテトスナックってところがポイント。
更に、フリーズドライチーズが良い風味を出します。

ホワイトチョコで台無しですがw

まあ実に変な味です。
ポテトの塩味とチーズの酸味、ホワイトチョコの甘味とどれもが個性を発揮するため、あまからしょっぱすっぱいというワイルドな味になっております。

美味くはないです。
でも不味いという程ではなく。

10人中13人くらいが首を傾げるような、不思議なお菓子です。


Jagachoco

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/22

銚電のぬれ煎餅

銚子電気鉄道株式会社『銚電のぬれ煎餅』。
東京駅地下の入船堂本店にて採取。

なんか銚子電鉄が本格的な経営危機で路線存続の危機になっているとのお話です。

『電車運行維持のためにぬれ煎餅を買ってください!!』
『電車修理代を稼がなきゃ、いけないんです』

銚子電鉄からの涙ながらの訴えがネット上で取り上げられました。
それがネットユーザーの(主に2ch)大反響を呼び、現在煎餅の注文が殺到しているそうです。
(注・銚子電鉄の副業がぬれ煎餅販売です)

わしもそこそこな偽善者な上、鉄分多めのヲタ+銚電ぬれ煎餅の販売店が職場の近くにあるということで、この売上げに協力することにしました。


実際ぬれ煎餅って食べたことないんですが、すごい良い醤油の香りが袋を開ける前から漂います。
袋の中の酸素を抜くためという理由で袋に穴をあけてあるようなのですが、これが非常に良い感じ。

中身は柔らかい煎餅。
湿気った煎餅と何が違うのかというと、湿気った煎餅は表面がカリカリ(というかガチガチ)で中がむにゅっと、という感じなのですが、ぬれ煎餅は外側もむにゅ。中もふんにゃり。
湿気った煎餅の外側のガチガチが嫌いなわしには良い塩梅。

味は甘辛い醤油が生地に染み込んでおり、甘すぎもせずしょっぱすぎもせずと非常にバランスの取れた風味。
煎餅本体のお米のツブツブ感も強く残っていて美味しいです。


正直たいしたことないだろうと思っていたのですが、これは最高。
話のネタに、という感覚で偽善者的で失礼な購入をしたのですが、これはもうちょい偽善を続けていいかな、と思っている次第です。

皆様も是非。


Nuresenbei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/02

ポテトチップス・アボカドマヨ味

カルビー『ポテトチップス・アボガドマヨ味』。
イオンにて採取。コンビニでは販売していません。

カルビーは非コンビニ限定でこーゆーわけのわからんフレーバーのポテトを出しますなー。
しかもコンビニの創作ものより出来が良かったりするし。

アボカドとマヨネーズ・・・。
どう考えても全体的にマヨネーズに味を消されてしまうのがはっきりと解る組み合わせではあるのですが、わずかながらに感じることのできるアボカド(のこってり分)と隠し味で効いているオニオンパウダーがうまいことかみ合ってなかなか良い味に仕上がっています。

変わり種マヨネーズ風味と考えれば結構アリかも。
夜な夜な冷蔵庫のマヨネーズを吸引している方々は是非。


Potetoabogadomayo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/20

みたらし団子グミ

ノーベル製菓『みたらし団子グミ』。サンクスにて採取。

『だんご風味のグミの中にみたらし風のタレが入った』とのことで、どっからどうみてもイロモノですな。

中身は白いグミ。
うっすらと中の醤油ダレっぽいのが見えます。

味は結構面白い感じ。
外側のグミはほぼ味なし。食感含めてだんごっぽさが出ています。中の醤油ダレがかなりみたらし団子のタレを再現できており、甘辛くて面白いです。

外側のグミと中のタレの味が一緒になった瞬間にみたらし度はMAXになります。
これは素晴らしい出来ですな。
イロモノだから長持ちはしないでしょうけどw

グミだと思わなければ良い感じだと思います。
イロモノ大好きな人は是非。


Mitarasigumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/18

小悪魔グミ

UHA味覚糖『小悪魔グミ・カシス&ピーチ』。サンクスにて採取。

なんつーかもう・・・メーカーも必死です。
コンセプトはこんな。とにかくわかるのは三十路のおっさんが買う商品では絶対に無いということ。

『カシスのセミハードグミから甘酸っぱい真っ赤な ピーチジェルがとろけ出します』とのメーカーの説明通り、中から出てくるピーチジェルが甘酸っぱい・・・というか非常に酸っぱく、甘めでフルーティーな外側とぴったり。

これはうまいです。
周囲に異常に臭いますが。

コンセプトである『小悪魔』。
パッケージの「ここからお切りください」の場所から開封しようとしても全く切れなかったり、無理矢理そこから切ると「食べた後はこのシールで袋をとじてね」と付いているシールにすぐぶつかってしまったりと全体的な作りが本気で小悪魔なのでその点注意。


Koakumagumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧